これから透析看護師を目指す方は必見です!

透析看護師 → 看護師の勤め先(透析看護師について)

看護師の勤め先(透析看護師について)

腎臓機能に支障があるために、人工的に代替する医療行為を「透析」といいます。透析部門の看護の場合、一般的な心療科目に比べると、かなり専門性の高い分野と言えるでしょう。

透析用機械のオペレーションはもちろん、止血、穿刺、抜針といった技術や、患者さんの日常生活の指導なども行ないます。 患者さんの体の状況や生活環境等々の情報を収集・整理して、医師と協力しながら適切な透析治療を行なっていきます。

糖尿病患者の慢性的な増加に伴って、透析を行なう患者さんの数も増加傾向にあります。 そういった背景もあり、透析部門における看護師の求人は近年増加しており、今後もその傾向は継続すると予想されます。

しかし、専門性が高く、特殊な看護領域である透析看護は、あまり志願者がいないという点が問題視されています。

その対策として、透析看護の経験がない看護師をあえて採用し、新人教育・研修を行い、人材の育成に取り組んでいる医療施設が増えていますので、透析に対する経験がない看護師の方も安心して勤務できるようになってきています。

透析看護師の勤務形態は、夜勤が無く、日曜日は休みというパターンです。仕事と家庭の両立がしやすい職場環境であるといえます。

給与については、夜勤がないので低めということはありません。専門性が高い科目であるので、その点を加味されて、他の科目の日勤看護師の方より高めの設定になっています。

透析の治療方法は、患者さん一人一人との付き合いが長くなることが多いので、そういった面を重視する方にはお勧めと言えるでしょう。

透析認定看護師の前提条件としては、日本国の看護師の免許所有した後、5年以上の実務研修経験があり、600時間以上の認定看護師教育課程を修了した上で、認定審査である筆記試験に合格することが必要です。

道のりは楽ではありませんが、給与・勤務体系共に魅力的で、専門性が高い仕事を目指す方は、一度、透析看護師を検討してみてはいかがでしょうか。

看護師の勤め先(産婦人科について)

産婦人科における看護師の勤務は「産科」と「婦人科」の2つに分類されますので、まず自分がどちらで仕事がしたいかを明確にする必要があります。

産科を選ぶ場合、資格として役立つものが助産師資格です。看護師資格を持っていることが必須条件で、日本では女性のみ取得が可能です。

産婦人科においては、助産師と看護師の業務内容には違いがあります。 ですから、助産師の資格がないと産婦人科で働けない、ということはありませんが、新しい生命が誕生するという崇高な瞬間に立ち会えるというのはやはり素晴らしいことです。

産婦人科の病院やクリニックからもたくさんの看護師の求人が見られます。もちろん通常の看護師として働く事も可能ですが、前述のように出産の現場に立ち会いたいという考えがあれば、助産師資格は是非とも取得しておくべきでしょう。

助産師の主な仕事は、妊婦さんの状態のチェックや、陣痛等の確認になります。病院によっては出産時の立会いを行なっていないところもありますので、事前に情報をリサーチしておきましょう。

産婦人科の中でも婦人科の分野になると、生理不順や更年期障害、婦人科形成等々の女性特有の疾病治療や悩みを改善することがメインになります。

女性にしかわからない悩みを患者さんと共有して治療の手助けをしたい、という方にはお勧めの職種です 産婦人科の看護師求人は、少子高齢化や、産婦人科(特に産科)数の減少の影響もあり、求人数自体は少なくなってきています。

少ないチャンスをものにするためには、やはり前述の助産師資格の取得が大きな助けになるでしょう。 助産師資格を保有していると、それだけで給与に資格手当等が上乗せされるので、他の科目の看護師に比べると高めになる傾向にあります。

やりがいは非常に高い職種ではありますが、いかんせん需要と供給のバランスが難しい状況にあります。 しかし求人がゼロということではありませんので、情報をこまめに収集すれば、きっとあなたの希望に合った就職先が見つかるでしょう。